• カレンダー

    2017年10月
         
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

歯に付いたステインを除去するのにオススメの歯磨き粉の成分とは?

笑顔がステキなのに歯が黄色い残念な人

ハンサムで笑顔がすてきな人って周囲の人を引きつけます。すてきな笑顔なのに歯が黄色かったらどう思いますか?
周りからすればその人は残念な人となってしまいます。残念な人にならないようにするには日頃から歯の黄ばみなどに注意を払うことです。

歯が黄色くなってしまう原因はステイン

歯の黄ばみの原因となっているものは歯に沈着してしまった黄ばみの成分です。多くの汚れ成分は私たちの食事に含まれています。コーヒーや紅茶などに含まれているカフェイン、大豆などに含まれているイソフラボン、赤ワインに含まれているポリフェノール、ネギやニンニクのイオウ、ベーコンなどに含まれるタール、緑黄色野菜、タバコにはヤニなどが含まれています。

ステインが付いてしまうメカニズム

ステインができるメカニズムは歯の再石灰化と深い関係があります。私たちが食事をすると歯の中は酸性環境になります。歯の表面を覆っているエナメル質は酸性に弱く一定の酸性度で溶解をはじめます。

溶解したままだとエナメル質がなくなってしまいます。そのためにエナメル質には補修能力があります。これを歯の再石灰化と呼んでいます。エナメル質を補修するためにはリン酸イオンとカルシウムイオンが必要です。そこで唾液に含まれるリン酸イオンとカルシウムイオンを使って補修をします。

補修をするためにリン酸イオンとカルシウムイオンはエナメル質に吸着しますがその前に口内にある汚れ成分を吸着してしまいます。その結果期、汚れを付けたままエナメル質を補修してしまうのです。この工程を繰り返すことでエナメル質は補修されますが本来の無色からステインなどの汚れの色に反映されてしまうのです。

一度ついてしまったステインは通常のブラッシングでは落とす事はできません、対策としては汚れ成分を付着させないことと歯の再石灰化を促進してあげる事です。

ステインを落とすために気をつけたいこと

ステインを落とすために気をつけたいのが普段のブラッシングです。一度沈着してしまったステインは落とす事が大変困難です。できることは毎日のブラッシングで汚れを付着させないことです。そこでオススメがホワイトニング歯磨き粉です。

ホワイトニング歯磨き粉は歯を白くすることに特化した歯磨き粉です。ホワイトニング作用に効果・効能がもてる成分を使用しているので毎日使い続けることで歯を白くすることができます。

併せて行いたいのが毎日のブラッシングです。必ず食後にすることです。手を抜かずに1本1本丁寧にしっかりと行うようにしましょう。ブラッシング後のフッ素コーティングなども口内環境を整えたり、虫歯予防などにも効果があります。

ステインにオススメの歯磨き粉の成分は浮かして落とす

歯を白くするのにオススメなのがホワイトニング歯磨き粉です。最近主流の成分はピロリン酸カルシウムやハイドロキシアパタイト、マクロゴール400です。これらの成分の特徴は化学的に歯に付着した汚れを浮かして落とします。

浮かして落とすのでエナメル質が傷つかずにすみます。エナメル質が傷つくと再石灰化が盛んになりそれだけステインが付着する確率が高くなります。

最近のホワイトニング歯磨き粉にはエナメル質に負担をかけない成分を配合していますので傷つける心配をすることなく歯を白くする事ができます。

関連 ステインを付かせないためにやっておきたい口内環境の改善とは?

Comments are closed.