• カレンダー

    2017年10月
         
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

ステインを落とすための2つのホワイトニング方法を比較

ステインはブラッシングだけでは落ちない!その理由とは?

歯に付いた汚れはブラッシングだけでは落とせません。その理由は歯を覆っているエナメル質とステインは一緒になっているからです。歯を白くするためにステインを落とすということはエナメル質をすべて落とさなくてはならなくなります。

ブラッシングだけでは歯を白くする事ができません。ホワイトニング歯磨き粉でもある程度は歯を白くする事はできますがそれでも限界はあります。有効に歯を白くする方法はホワイトニングしかありません。

ステインを落とす方法は2種類

ステインを落とす方法として一番効果的なのがホワイトニングです。先のホワイトニング歯磨き粉などを使用してのブラッシングと比較するとその効果は1回のホワイトニングで白さを実感することができるほどです。

ホワイトニングには2種類あります。家で行うホームホワイトニングと歯医者さんで行うオフィスホワイトニングです。どちらもにもメリットとデメリットがあります。次の項で詳しく説明しますので参考にしてください。

ホームホワイトニングの特徴と効果

歯を白くする方法として簡単にできることと費用を安くすることができるという理由で人気があるのがホームホワイトニングです。

ホームホワイトニングのメリットは歯医者さんに行かなくても手軽にできること、費用が安いことなどです。デメリットとしては入手方法が海外の通販サイトや個人輸入代行などを利用しなければならないこと、説明書などがすべて英語やフランス語、ドイツ語などでの表記が多いなどがあります。

安く手軽なですが使用方法をミスすると口内の炎症を招いたり歯を白くしすぎるという弊害を招くことがあります。費用はホワイトニング効果を実感できるのに5000円~6000円程度ですみます。

オフィスホワイトニングの特徴と効果

オフィスホワイトニングは歯医者さんに行って歯を白くしてもらう方法です。メリットとして安心して歯のホワイトニングをできることとホワイトニング以外でも歯の悩みなどを相談することができることなどがあります。

デメリットとしては費用が高額なことです。1回の施術費用は約10000円~60000円ですが、数回に分けて行う必要があるために数万円~十数万円の費用がかかる事があります。

しかし、ホームホワイトニングのような自己判断で行うホワイトニングと比較した場合はやはり的確な歯の白さを安心して手に入れることができます。

歯の色をぴったり合わせることができるのはやはり専門医の的確な指導や技術が必要です。安心感を買うという意味ではある程度の出費も必要と考えられる人にはお勧めの方法です。

参考 歯に付いたステインを除去するのにオススメの歯磨き粉の成分とは?

Comments are closed.