• カレンダー

    2017年10月
         
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

ステイン除去用歯磨き粉の研磨剤裏事情

ステインを落とすための歯磨き粉の成分を比較

ステインを落とすために使用されている成分は吸湿性にすぐれています。主に使用されているのがマクロゴール400やピロリン酸ナトリウム、ハイドロキシアパタイトなどです。これらの成分がなぜ使われているのかというとエナメル質に対する攻撃性の低さです。

このような歯に影響が少ない成分が出てきた理由は今まで使用されてきた研磨剤がもっているイメージの悪さがありました。今まで研磨剤というと歯の表面を削っているというイメージが強かったので敬遠されてきました。ところが最近の研磨剤も化学技術の進歩によって事情が違ってきています。最近の研磨剤として使われている成分は以前まで使われていた研磨剤よりも遙かに小さなサイズの粒子を使用することでエナメル質を傷つけにくくしています。

研磨剤が入っていない薬用ホワイトニング歯磨き粉は無い?

研磨剤を使用しているとエナメル質を傷つけるというイメージが根強いこともあり各メーカーともに開発されたのが研磨剤に変わる成分でした。それが冒頭で紹介した成分です。実は薬用ホワイトニング歯磨き粉には研磨剤を使用しなければならない取り決めがあります。メーカーもできるのならば研磨剤フリーというようにしたいのですが決まっている以上どうしようもありません。

そこでメーカーは研磨剤は使用していますが浮かせて落とすタイプの成分の配合比率を変えることで歯に優しいとアピールすることにしました。

結果的にはメーカーの思惑はあたり薬用ホワイトニング歯磨き粉は歯に優しいというイメージを付けることに成功しました。

ホワイトニングジェルでも歯が白くなるの?

ネットなどではどの製品にどの成分が使用されているのかが伝わると人の心理としては研磨剤を使っていない歯磨き粉を求める動きもあります。そこで開発されたのがホワイトニングジェルです。
使用方法は歯にジェルを塗布させます、ネットの口コミなどはホワイトニング効果があったという書き込みが見られます。

ホワイトニングジェルとオフィスホワイトニングを比較してみました。

良く勘違いされやすいのですがホワイトニングジェルを使うと歯医者さんに行ったときのように歯が白くなると思う人がいます。
答えを先に言ってしまうと答えは「ノー」です。理由は実際のホワイトニング現場で使用されている薬品に違いがあります。歯医者さんで使用されている成分は過酸化尿素や過酸化水素などです。

これらの成分は劇薬指定されており一般のホワイトニンググッズへの使用は認められていません。なので歯医者さんなどで行うブリーチングと比較するとホワイトニング効果は限定的です。

関連する記事:ステイン除去に欠かせない正しいブラッシングの方法

Comments are closed.